対談セラピー

対談セラピー

CSPP主催特別講演会(2003年9月7日 東京・すみだリバーサイドホールにて) 対談「サイコセラピーと日本人」(抄録)岸田 秀・斎藤学 岸田 秀(きしだ しゅう) 和光大学教授。1933年香川県生まれ。早稲田大学文学部心理学科卒業。同大学 ...

対談セラピー

対談セラピー

「世間」と父性 斎藤 どうもありがとうございました。唯幻論から一気にサイコセラピー=ご隠居論まで行くという、いかにも岸田先生らしいお話だったと思います。 人間は本能の壊れた動物で、自我——私はこれを「エゴ」ではなく「セルフ」と呼んでいますが ...

対談セラピー

対談セラピー

精神療法の流れ 斎藤 ニーチェ的な個人の時代を迎えた時に、われわれが精神分析に始まる精神療法というものを必要とすることになったのは間違いない。ではフロイト以前に精神療法的な流れはなかったかというと、先ほど名前を挙げたブロイヤーがそうですし、 ...

その他セラピー

その他セラピー

 7月8〜9日はお台場で過ごした。「DBT(弁証法的行動療法)」(IFF主催)のワークショップのためである。 講師はシアトルから来たキャサリン・コースランド(Kathryn E.Korslund,Ph.D.、ワシントン大学心理学部ファカルテ ...

その他セラピー

その他セラピー

(続き) まずリネハンがやったことはDSM-4のBPD診断基準で9項目に分類されていた諸徴候を5つの関連枠に整理し直してそこに共通する問題を見つけることだった。「激しく揺れ動く対人関係」という徴候からはじまる9項目は結局次の5領域のディスレ ...

その他セラピー

その他セラピー

 BPDの人が極端に寄りすぎるのは、過敏だからということもあるのだろうが、それ以上に緊張に耐えられずに表現(行動)してしまう衝動性のためだろう。この点では「我慢してもらう」「耐えてもらう」ということが必要になり、その能力を患者と合意しながら ...

ミーティングにてセラピー

ミーティングにてセラピー

通院中の方からの手紙をご紹介します。  私は、母親からの遺伝で先天性白内障でした。3才頃、手術を受けましたが、視力が出ず、矯正しても右は0.1以下、左は続発性緑内障をおこし失明しました。左眼は痛みや頭痛、吐気がひどく10年ほど前に義眼にしま ...

ミーティングにてセラピー

ミーティングにてセラピー

 月曜日にハコミの個人セラピーを受けました。そのときの話しを聞いて下さい。 先生は私の体の中に本来ある力に働きかけますと言い、体をタッチングしはじめました。 腰のあたりにくるまでは、払っても払っても自分の考えや斎藤先生の言葉が頭に浮かんで困 ...

ミーティングにてセラピー

ミーティングにてセラピー

 麦畑に現在の父と私が座っています。父は下を向き顔を上げません。しばらく黙っていたのですが、“お父さんはお前が心配だっただけなんだ”と言いました。“ただお前のことが心配だった”と繰り返しました。 “お前の行きたい所へ行きなさい”と父は言い、 ...