母に対する憎しみ(質問)

質問

読者からの質問

◇44才女性

以前から斎藤先生の記事をお見かけし、ご相談できたらと思っていました。
今回、私と実家の両親(特に母)との関係でお尋ねします。

私は現在4人家族で、専業主婦です。
実家は以前は他県に居ましたが、私が結婚してから近所に転居してきました。
結婚前は実家で両親と同居していましたが、親との関係はぼ良好でした。

ところが最近、ここ2、3年になって急に子供の頃受けた、母から受けたキツイ言葉の数々が心に浮かび、何十年も前の事なのに昨日のことのように憎しみで一杯になってしまいます。

実家は手広く○○関係の商売をしていました。
忙しいせいもあるでしょうが、私は母に遊んでもらったり、相談事を聞いてもらったこともありません。
たまに悩みを聞いてもらおうと思っても、「ああ、もういいから、いいから」と面倒そうに手を振りました。

母から甘えさせてもらった事は記憶にないです。
愛情のある言葉をかけてもらったこともありません。
父は忙しいながらも、遊んでくれたり面白い話をしてくれたのでそれで済んでいました。

8つくらいの時、なぜか自分の髪をハサミで切ってしまったことがありました。
その晩、母が父に「[相談者の名前]はオカシイから精神病院に連れて行ったほうがいい」と言っていたことがあり、私は本当に自分がオカシイという気持ちにずっと取り付かれていました。
その後、学校で行われたIQテストの結果が良かったので、やっとその思いから開放されたことがあります。

===
「[相談者の名前]を親戚の前に出すのは、恥ずかしい」
優等生のような子供だったら、よかったのでしょうか?
私は親戚が集う冠婚葬祭のたぐいはほとんど、出させてもらえませんでした。

image051129_1.jpg 私が希望していたA高校の受験に落ちた時のことです。
母と買い物していたら店の人が「よい娘さんですね、どこに通われているんですか?」と聞くと母は、なんと私が落ちた「A高校です」というのです。
その後何のフォローも無く、そのショックは忘れられません。

母は客観的に見れば、若い頃は美人で(店では看板娘のような存在でした)、ヒステリックな性格だと思います。
ただ、食事はキチンと作っていたと思います。
(健康体の私が、そこは唯一感謝していることです。)

30半ば、専業主婦になってからは、気分がふさぐと何日かベッドで寝たままでいることがよくありました。

なにか長々とエピソードを書いてしまいすみません。
結婚するまでは特に思いつめることはなかったのに、子供を育てている今、どうしても母の言動が理解できず憎しみさえ覚えます。

子供はこんなに可愛らしい存在なのに、なぜ優しいおしゃべりをしてくれなかったのか。抱きしめてくれなかったのか。
[相談者の名前]、大好きだよ、っていう表現をしてくれなかったのか?

子供を何より大切に思う私には理解できず、怒りだけが今更つのってきます。
先日ついに、爆発してしまい母親相手にぶつけてしまいましたが、半分も話せませんでした。
壮絶にヒステリックな応酬、人の話なんてまったく聞かず怒鳴り散らすだけ。
父も味方もせずに、二人を敵にまわした形になりました。

子供が親に意見する事すら許せないのでしょう。
父に預けてあった私の物も引き揚げました。
このまま断絶のようになるのでしょうか。
もし母が一言でもあやまって、優しい表情を見せてくれたら全てが氷解するのに。
あやまるような母ではありません。おろかな女、と思いました。
それを知りながら、母に味方する父とも分裂です。
極端で見栄っ張りで激しい両親です。

実家の近所に家を作る計画が進んでいましたが、すっかり嫌になってしまいました。
家は作らないほうがいいのでしょうか。

私が折れなければ、和解することもないでしょう。
少しも分かってもらえない悲しみで、気がつけば涙が出ています。

長文失礼しました。
アドバイス頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。

斎藤学からの回答

「ここ2〜3年になって急に」というところがポイントでしょう。
なぜ、今になって怒りがわいてきたのか!子どもさんの年令と関係があるのかも知れません。(自分がその年令の当時、母が再び冷たく感じられた、とか)。
怒りの対象になる人には直接向かい合わないこと、というのが私の皆さんへの助言です。感情が先走って、カンジンのことが伝えられないからです。
第三者(治療者)に話して(電話カウンセリングがいいです)、整理して、相手に寛大な気持ちを持つようになってからもう一度お話してごらんなさい。
相手の側に驚くような変化が生じます。
斎藤学

新刊のお知らせ

斎藤学言葉集斎藤学言葉集(Kindleページにジャンプします)
トラウマ、サバイバー、家族問題、虐待、依存症、ひきこもり、自分らしく生きる…
これらの問題に長年取り組んできた精神科医斎藤学による講演集です。 講演会場での臨場感あふれる言葉の中に、生きてゆくヒントをたくさん見つけることでしょう。

Posted by iff