相模原障害者施設殺傷事件から2年(3)

怒り  たとえば、移民や特定の外国人へのヘイトクライムの影に、自分たちの仕事が奪われる(た)ことへの不満や、優遇政策へのねたみなどが隠れていることはよくあります。

 どんなに頑張っても暮らし向きが良くならず、働いても働いても先の見通しが立たない状況にある労働者が、「外からやってきたあいつらの方がいい思いをするのはおかしい」とねたむ気持ちはよく分かります。
 
「外国人は出て行け!」と言いたくなったりもするでしょう。

 しかし、本質的な問題は「外国人がいること」なのでしょうか。外国人への優遇政策さえ無くなれば、ひとりひとりの生活は上向き、不安の無い将来が訪れるのでしょうか。

いじめや腐敗は伝搬する

  弱い者いじめや権力の腐敗は伝搬します。虐げられたり、権力者に踏みにじられた人間は自分よりさらに弱い者を見つけ、うっぷんをはらそうとします。

 南スーダンでの平和維持活動の日報隠蔽問題や陸上自衛隊のイラク派遣の際の活動報告書隠蔽問題、森友学園に関する文書を財務省が改ざんしていた問題や、重要文書を隠していた加計学園問題・・・。
 
 長期化する安倍政権のなかで、こうした信じられない問題が次々と明らかになっています。

 また、つい最近は文部科学省局長が、子どもの大学合格を見返りとして東京医科大を文部科学省の私立大学支援事業の対象とするよう便宜を図ったとして、受託収賄容疑で逮捕されました。

 さらにスポーツの世界では横綱による暴力事件が起きた相撲界、指導者によるパワハラ行為が明るみに出たレスリング界、悪質なタックルに端を発して大騒動となったアメリカンフットボール界・・・。

国民を馬鹿にしている

 力のある者がその特権を利用して好き勝手に振る舞う。力のない無い者は指をくわえて見ているか、力ある者の恩恵にあずかって生きるしかない。・・・そんなことがまかり通ってしまっているのが今の日本社会ではないでしょうか。

 何しろ腐敗の事実が明るみになっても、力のある者たちはまったくへっちゃらです。のらりくらりと追求の手をかわし、要領を得ない答弁を繰り返したあげくに、「記憶を無くした」と言って逃げ切ろうとします。

 そうして、その地位に居座り続け、上の者にこびへつらって首をつなぐことに終始しています。

「こうして時間を稼いでおけば、みんなそのうち忘れるさ」とでも言いたげに。本当に国民を馬鹿にしているとしか思えません!

カウンセリングルーム カウンセリングルーム カウンセリングルーム

Posted by kizuki