よくあるご相談

下記は相談の進め方の一例です。この中にあてはまらない場合でも、皆様のあらゆるご相談に応じて、一人ひとりに最適なご相談を進めてまいります。どの様な悩みでも、お気軽にお電話下さい。

家族間のコミュニケーションがうまくいかない

家族間現在は、ドメスティック・バイオレンス(DV)や虐待(性的を含む)といった問題は社会的に認知されるようになりました。
これらの問題は、日本においては早くからアイエフエフのスーパーバイザーでもある斎藤学医師によって指摘されていた事柄でもあります。

ひきこもりや種々の依存症も、一定の家族間のコミュニケーションの問題として進めていくことも可能です。

配偶者やパートナーを愛しているのに、うまく関係が持てない時など、適切な関わり方を具体的に練習することも含め、その関係の中にある不安を取り除いていくようにアプローチしていきます。

現状改善をはかる

自分の嫌な部分を改善したい、対人緊張、不安、など自分の行動や反応の望ましくない部分を改善したいというような場合に最適です。
その問題と一緒に向き合い、対応方法を検討して問題解決につなげたり、楽な付き合い方を探していきます。またセルフ・イメージへの改善へとつなげていきます。

緊急介入

「いま、緊急に対処しなければならない問題がある」という場合には、必要な情報を得て、落ち着きを取り戻して適切な対応が必要になります。家庭内暴力、家族の問題など迅速に対処しなければならないなどの時にご相談ください。
問題を特定し、危機介入、介入後フォローアップを行っていきます。

ちょっとショックな出来事

ショックな出来事にあってしまい、その傷が生活に影響を及ぼすことは多分にあります。
それらを安心できる場所で口に出し、自分への信頼感を取り戻す作業をすることで、外傷体験を思い出したり、それに似た体験をしても動揺することがなくなります。

問題を特定し、それに対応した後はフォローアップまで丁寧にお手伝いします。短期的なアプローチも可能です。

アダルトチルドレン問題

AC親が必要以上に介入してきて感情が乱される、子どもを愛せない、といったことを含め、アダルトチルドレンの様々な症状を持っている方に最適です。

段階を追って進め、その過程で感じる孤独感や見捨てられ感なども、しっかりとサポートしながらアダルトチルドレンからの回復を目指します。

そしてより自由な自分を手に入れることが可能になります。

自分探し(自己洞察)

「問題の解決ではなく自分のことを話して、自分の生き方、自分らしさや将来のことを考えたい」という方は、是非じっくりと相談員と話してみてください。
時間を掛けて内面にある未だ知らない自分を確認し、自分という存在をよりしっかりと確認していくことができます。

HOME 受けられる心理療法次の記事
前の記事室長挨拶

お問い合わせ

電話0120-87-7225(通話料無料)
(03-3583-7851(携帯電話、海外からの方))
(注:この番号は通話料無料ではありません)
スカイプciapiff
メール新規ご相談申込
メール2回目以降のご相談予約申込
メールその他のお問合せ

※受付営業時間:10時〜17時
※相談営業時間:10時〜18時
(18時以降のご希望も承っています)
※休業日:水曜、祝日、年末年始

Posted by counsel