カテゴリー「Dr.斎藤への質問」の一覧

メインに戻る

2009年12月21日

Dr.斎藤への質問(8)いつの日か、ありのままの私をぶつけたい

----------------------------------------------
11月30日 女性
----------------------------------------------

  斉藤先生、こんばんわ。

 どなたかの質問に、このままでいい、という安心感を感じる練習をするようにありました。

 私は、時々、過食嘔吐したりパキシル飲みながら、二人の子供の母・会社員・主婦(夫が半分家事をしてくれていますが)をしています。

 日常生活のほとんど、このままでいいと感じることができず、常にそれぞれの役割をがんばって演じている感覚で、そのままの自分で受け入れられる自信がなく、仕事以外は引きこもりで、罪悪感を感じながら、夫を虐げています。

 演じている自分を眺めている感じや、離人感や虚しさを感じます。

 5年前に、カウンセラーやセミナーにつながりまして、今の私にとっては、その場所だけが、何の役割も演じることなく、そのままの私でいられて、楽な感じです。
 「このままでいい」という安心感を感じる練習というのは、その場に行くこと以外ではどういうものですか?

 また、うんざりしながらも、母の前でも良い娘を演じていますが、最近、母に軽い病気が見つかって不安がって少し弱気になっていることに(それでも、パワフルですが・・・)やっと弱ってくれるか、と安心しているのです。

 しかし、予定している手術で、万が一のことがあったら、いつの日か、ありのままの私をぶつけたい、話したい・話し合いたい・和解したいと思っている私はどうなっちゃうかなあと、少し心配でもあります。

 とりとめのない文章になりましたが、投稿まで。

comment.gif

家事のひとつひとつをこなすことだけに集中してみてください。雑念なく。
比較的ゆっくりした呼吸を保って、着実に自分に合ったペースで続けてみましょう。

斎藤学

[←ブログメインに戻る][←IFFトップページへ]↑ページ上端へ