西尾和美メッセージ(1999年9月)

日本の皆さんお元気ですか。早くも夏が終わり、秋になりました。私の住んでいる北カリフォルニアの夏は、今年は例年になくすずしくて、肌寒い日が続きました。ところが、日本から32人のサンフランシスコ・ワークショップ参加者が来た1週間だけはとても暑く、40℃を越える日もあり、一年で一番暑い日になりました。

私の家の近くのアイシス・オアシスで5泊(8/23-28/99)のワークをしました。アメリカで行うワークショップでしかできないラビリンス(迷路)・・・瞑想しながら歩く迷路・・・とか、アメリカ・インデイアンの大きなドラム・・・直径80cm・・・などのワークができてユニークなリトリートになりました。
残念ながら、バスの運転手さんのミスで、ワイナリー見学には行けませんでしたが、私の家で、さよならパーテイーをして皆さんとお別れしました。参加者一人一人がつくったパーソナル・リチュアル・・・自分の癒しのための儀式・・・には、とても感激しました。私がうつわを提供すれば、一人一人自分で癒しの方法を考えてつくりだしていけるものだ、ということをつくづく感じました。又、来年も8月に企画しておりますので、ヒールズバーグの私の家でお会いしましょう。

さて、ニッポン放送の方から、「テレホン人生相談」の放送日が決まったとのお知らせがありました。9/1、8、11で、東京首都圏で11時(AM?)だそうです。もしかしたらもうすでに放送し終わっているかもしれませんが、機会があったら聞いて下さい。

9/6発売の「週刊現代」に10月17日(日)の「家族と暴力:介入と治療」のシンポジウムについての記事が載るそうです。その際、私の新しい本「親になりきれない親たち」(講談社、10月末発売予定〕が無料でプレゼントされるということですので、ごらん下さい。

今度、新しく「7つのメデイテーション」がCDになって刊行されました(
ヘルスワーク協会)。テープの方が擦り切れてしまったという方もたくさんいらっしゃるでしょう。音の質もとても良くなっていますので、聞きやすいと思います。
以下は私の10月の訪日のスケジュールです。

10/5 日本着
10/7~11 木~ 清里リプロセス・リトリート
10/15、16 日本嗜癖行動学会
10/17 日本嗜癖行動学会公開シンポジウム「家族と暴力:介入と治療」(メアリー・ハーヴィー、オリバー・フォークス、斎藤学、西尾和美)
10/19、26、11/2 文京女子大学生涯学習センター講座(連絡先:03-5684-4816 男女誰でも参加可)
3-5PM「心の傷をのりこえるカウンセリング」
7-9PM「父親業、母親業」
10/20、21 水木 6:30-8:30PM 麻布カレッジ「暴力被害女性の癒し」
・・・女性オンリーの リプロセスやリチュアル
10/23 ウオン・ウイン・ツアンさんとのコンサート
・・・とても澄んだ音色のピアノと瞑想のつどいに期待しています
10/30、31 ツーデーワーク
・・・長いリプロセス・リトリートに参加できない方のための、泊らないリトリートです。
11/3 日本発

この他に、ニッポン放送の録音、いろいろなインタビュー、個人セラピーなどの依頼があって、忙しい日程になりそうです。
日本でお会いできるのを楽しみにしています。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio