西尾和美メッセージ(2006年6月)

無事アメリカにもどってまいりました。帰ったとたん体調を崩して、2週間ほど寝込んでいましたが、なんとか回復しました。やはり、日本でのハード・スケジュールと長い飛行機の旅が、響いたのではないかと思っています。少しづつヨガなどを又始めようかと考えています。

北カリフォルニアの天気は、からっとしていますが、夏らしい暑さになっています。

日本では、いろいろな方とお会いすることができました。新しい友人ができたり、顔なじみの方と又会えたりするのは、とても楽しいことです。お会いした皆さん、いろいろ有難うございました。

帰ってきたと思ったら、もう9月に、又、訪日しますので、そろそろ準備を始めなければなりません。

2006年9月のスケジュールが大体決まりましたのでお知らせしておきます。

9月6日にサンフランシスコをたち、7日に東京に着きます。

9月9日は、アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理学大学院(AIU/CSPP)の卒業式に出席します。この日には、大学院主催の一般向けの公開シンポジウムも予定されています。詳細がわかりましたら又お知らせいたします。

9月10日は、AIU/CSPPの入学式とオりエンエーションに出るつもりです。この臨床心理学大学院は、実際に家族と子どもの問題に対処できる実力のあるカウンセラーの養成に力を入れています。入学するには、大学を出ていれば、学部を問いませんし、英語力は特に必要ありません。ところで、大学院の2次募集の期限が、7月25日まで延期されましたので、まだ間に合いますので、入学希望者は、こちらをご覧ください。

9月13日は、IFF主催の「女性のためのトラウマ講座」が麻布教育センターであります(15:30~20:30)。トラウマの話と、トラウマからの癒しのワークを、女性だけの安全な場で行います。

9月16日と17日は、AIU/CSPP主催の、公開講座が日本女子大学で行われます。1日目は、トラウマ治療についての理論と実践、2日目は、ドメスティック・バイオレンス(DV)についての理論と加害者と、被害者の対処法の実践を行います。主に、臨床心理専門家や学生向けのもので、AIU/CSPPの授業の一環として行います。将来この大学院に入ることを検討している方には、授業を経験する絶好のチャンスではないかと思います。

9月18日(敬老の日)は、人間総合科学大学の公開講座が、秋葉原の東京サテライトキャンパスで行われます。私のアメリカでの臨床経験と、日米の比較、そして、日本の家族や子どもの心理的な問題についてお話しするつもりです。午後は、機能不全家族で育った方のための癒しのワークも少しします。

9月23日(秋分の日)、24日(日)は、IFF主催の「2デイ・ワーク」が麻布教育センターで行われます。このワークショップは、春には、すぐいっぱいになりましたので、早めに申し込んでください。リプロセス・ワークなど、いろいろなトラウマ・ワークをしていきます。男女とも参加できます。

9月26~28日は、北海道のむぎの子学園で、学園関係者のためのワークショップを行います。もしかしたら、関西テレビの取材が入るかもしれません。

9月30日(土)、10月1日(日)は、ファミリー&チャイルド研究会主催の専門家向けの研修講座が日本女子大学であります。今のところ、「ADHDなどについての理論と実践」か、「スーパービジョンとスーパービジョンの仕方」のどちらかを予定していますが、参加者の希望が多い方にしたいと思っています。カウンセリング・スキルを上達したい方なら誰でも参加できます。ここで得た時間数は、「日本家族と子どもセラピスト学会」(JAFACT)の認定試験のための単位として数えられます。

9月30日の夜は、AIU/CSPP関係者の懇親会を予定しています。

10月2日は、文京学院大学、生涯学習センターで、「自分と自分の人間関係を良くするカウンセリング」の講座をいたします。毎回、今私が考えている最新の技法や理論について、違ったことをお話しています。Tel:03-5684-4816

10月4日に日本をたちます。

又各イベントの詳細や変更がわかり次第お知らせいたします。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio