西尾和美メッセージ(2005年11月)

日本の皆様お元気ですか。10月5日に訪日を終えて、アメリカに帰ってきました。私の住むヒールズバーグはぶどうの紅葉がとてもきれいで過ごしやすい日々が続いています。これから来年の3月まで雨のシーズンになり、ぶどうの葉は落ちますが周りの丘が緑になります。

今年の冬はプロパンガスが値上がりをしており、近所の人たちとどうなるかと話し合っています。貧富の差がますますひろがっているアメリカで、生活していくのが難しくなって行く人が多くなるのではと心配しています。
ニューオリーンズやフロリダでは、まだハリケーンの影響がかなりあり復旧には時間がかかりそうです。パキスタンの地震も非常に厳しい状態のようで心が痛みます。
9月11日に日本の専門家向けに「災害PTSDへの支援」というワークショップをしました。水害、火事、津波、地震、台風、電車の脱線事故、テロ、残虐な殺人やグループ自殺など大きなスケールの天災や人災の災害が身の回りでかなり頻繁に起こっています。メンタルヘルスの専門家としては、ぜひ知っておいていただきたい知識と実践でしたので、参加者の皆さんがとても熱心にレクチャーを聴き、グループのプラクティスに参加してくださったので心づよく思いました。

多くの皆さんの希望で、2006年の5月3日と4日の2日間に又「災害メンタルヘルス支援」のワークショップを行う予定です。1日目は、前回と同じ理論のレクチャーですが、2日目は、主に実践でプラクティスを行います。前回出席した方は、2日目だけ参加してもいいし、復習のためもう一度1日目にも出たらよいと思います(その場合にはディスカウントも考えています)。まだ一度もレクチャーを聴いたことのない人は、ぜひこの機会に参加されることをお勧めいたします。来年の憲法記念日と国民の日ですので日にちを取って置いてください。このワークショップは、‘日本家族と子どもセラピスト学会’と、‘アライアント国際大学(AIU/CSPP-臨床心理学修士日本プログラム)’主催です。

‘日本家族と子どもセラピスト学会’の第一回大会も2006年のゴールデンウイークに予定されていますので、スケジュールに入れておいてください。学会の規約や入会の手続きなどについては、又後ほどお知らせいたします。この学会は、家族と子どもの問題の解決や治療に重点を置き、サイコセラピストやカウンセラーなどの専門家や、セラピストを目指す大学院生などでできる新しい学会です。将来は、臨床心理学を学習し臨床経験をつんだ人に、‘家族と子どもセラピスト’の認定証が出される予定です。

9月10日はAIU/CSPPの初めての修士号学位授与式でした。3年前に入学した方々が、3年間の学習と1年間の実習を終了したのを見届けることができたのは、とても感動的でした。多くの修了生たちに、セラピストとしてやっていく自信がついているのを感じました。そして、これからも学習を続けていきたいという意欲にとても力強く思いました。斎藤学先生とともに創立したこの実践を重視した大学院が、これからも、本当に力のあるセラピストを世の中に送ることができるよう心から願っています。

9月14日と15日のIFF主催の「女性のためのトラウマ講座」と17日と18日の「麻布ツーデーのワークショップ」では、いつもながら、とても熱心に癒しに取り組むたくさんの方々とお会いすることができてうれしかったです。来年2006年は、5月10日が「女性のためのトラウマ講座」、5月20,21日が「麻布ツーデーのワークショップ」の予定です。

9月19日~21日は、今回はじめて人間総合科学大学で公開講座をいたしました。日本とアメリカの家族問題の比較などについてお話しました。全部で140人ぐらいの方が参加されました。たくさんの方々から興味を示していただき、また質の高い質問をいただき、とてもやりがいがあった講座でした。2006年は、9月18日の敬老の日に又、公開講座を予定しております。今回の講座の模様は、https://www.human.ac.jp でご覧ください。

北海道のむぎの子学園専用のリプロセスワ-クショップでは、年々参加者も増え、トラウマからの回復も目に見えて早くなっています。今年は、9月23,24日と行いました。ワークの後での、スタッフ、お母さんやお父さんたちとの話し合いも楽しかったです。園長を始とするスタッフの熱意にはいつもながら頭が下がります。2006年は、9月15,16日を予定しています。来年の1月には、むぎの子学園のお母さんたちがカリフォルニアの私の家に尋ねてくる予定で、楽しみにしています。

9月30~10月2日は清里で、IFF主催で専門家向けのカウンセリングスキルの講座をしました。NLPやそのほかの最新のカウンセリング技術を教え、実践のプラクティスとスーパービジョンをしました。参加者は大変熱心に学習に取り組みました。毎日散歩をして、すばらしい自然の中で癒され、とても幸せな気持ちになりました。又いつか清里の専門家向けのワークがありましたら、ぜひ参加してみてください。

来年の1月には、専門家のグループが、私のシーランチにある海の家に来て研修をする予定です。もうこのグループは定員いっぱいですが、最新のサイコセラピー理論や技術について教えるつもりです。

2006年の5月14日はIFF主催の福岡でのワンデーワークショップ、5月26~28日は、Saya Saya 主催の石垣島ワークショップを予定しています。これらのワークショップの詳しいことがわかりましたら、次のメッセージのときお知らせいたします。

ところで、私のホームページができましたのでご覧ください。
では、向寒の折、お体に気をつけてお過ごしください。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio