西尾和美メッセージ(2005年8月)

暑い夏いかがお過ごしですか?私の住むヒールずバーグは、朝10時くらいまで霧がかかり涼しく、そのご強い日ざしがさすという毎日です。

日本から5月の終わりに帰ってきてから、あれこれと家の仕事をかたずけているうちにもう8月になってしまいました。来月はまた日本に行く時期です。もう少し北カリフォルニア州の、のんびりした生活を味わいたいところですが、そろそろ訪日の準備をしなければなりません。

こちらを9月7日に出て、東京には8日に着きます。まず9月10日には、アライアント国際大学のカリフォルニア臨床心理学大学院(CSPP)の学位授与式に出席します。私と斉藤学先生とで日本に創立したアメリカの大学院ですが、今回初めての卒業生を出します。私は、このほどこの大学院から離れることになりましたので、最初で最後の卒業式となりとても感無量です。卒業生たちが、日本全国で、実践力のあるサイコセラピストとして活躍してくれることを願っています。

9月11日は、日本女子大学で、「西尾和美ワークショップ」を主に専門家向けに行います。臨床心理関係の専門家の方又は学生、それに準じる方々のためのカウンセリング技法のトレイニングです。朝9時半から午後4時まで行います。トピックは、「災害PTSDの援助」です。新潟地方の地震、関西地方の電車の脱線事故、台風、凶悪な少年の犯罪、自殺や他殺など日本でも多くの事故、災害、犯罪が次々と起こっています。このような災害のトラウマが犠牲者又は周りの人にどのような精神的な影響を与えるか、そして、それにどのように対処していったらよいかを中心にお話をし、カウンセリングのプラクテイスをします。精神療法家としてはぜひ身につけておいてほしい知識と技法です。子供のとき家族などで受け続けた慢性的なPTSDの治療法とは少し違います。このワークショップは、専門家として学び続けたいという強い希望を持った方々が自主的なグループを作って主催いたします。詳しくは角田さんまで連絡してください。

9月14日(水),15日(木)はIFF主催の「女性のためのトラウマ講座」です。今回は春と違って、18:30~20:30までの夜2回で、トラウマからの回復のお話と、癒しのワークショップで、女性だけのグループですので、短い時間ですが安全な場所が作れると思います。麻布教育センターで行います。Tel.03-5561-9365

9月17日(土)、18日(日)は、IFF主催の「ツーデイワークショップ」です。リプロセスワークやその他のいろいろなワークをしながら、トラウマの癒しをいたします。泊り込みの長いワークショップに出席できない方にとっては、便利な東京でのワークです。いつもワークの始めに言うことですが、癒しは自分でするもので、私が皆さんを癒すということではありません。私は、いろいろな技法を提供しますので、その中から、自分に役に立つものを身に着けていっていただきたいと思います。ワーク中、強い感情が出ることがありますので、参加者はそれに耐えられるだけの精神的な安定さが必要です。現在通院中の方や、安定剤、抗鬱剤を服用している方は、担当の先生から許可を取ってから参加してください。統合失調症の方には向きません。

9月19日(敬老の日)は、埼玉県の蓮田にある人間総合科学大学で、講義とワークショップを行います。時間は10:00~16:00です。午前中の講義は、日本とアメリカの家族事情についてです。午後は、自己を癒すカウンセリングで、癒しのワークショップを行います。公開講座ですので、一般の方も参加できます。連絡は人間総合科学大学にしてください。

9月20日(火)、21日(水)は、人間総合科学大学の東京、秋葉原サテライトキャンパスで、上記と同じ講義とワークショップを夜2回に分けて行います。20日は講義で、21日は癒しのワークショップです。時間は18:30~21:00です。埼玉の本校での講座に出られない方は、秋葉原のキャンパスが便利だと思います。問い合わせは人間総合科学大学までお願いいたします。

9月24日~25日は、札幌のむぎの子学園でのリプロセスワークショップです。自閉症などの子どもを持つ親のワークや、スタッフのワークを行います。これはクローズドですので一般の方は参加できません。問題を持った子どもの親の癒しのワークをすると、子どもが変化することは、経験から、はっきりしています。
摂食障害や、引きこもり、その他の問題を子どもが抱えている場合は、子どもの治療も必要ですが、まず親が癒しのワークをしましょう。

9月30日(金)~10月2日(日)は、清里で専門家向けの「実践に役立つカウンセリング技法」の訓練をいたします。NLP (Neuro Linguistic Programming)は、非常に実践的で効果の早い精神療法です。体、イメージ、言語、感覚、などを重要視する方法です。Milton Ericksonや、Virginia Satirなど有能なサイコセラピストを観察して効果的な技法をピックアップして作り上げた方法がNLPです。このワークショップでは、また最新の他のカウンセリング技法も教えます。臨床心理の専門家、教師、学生又は、真剣にカウンセリング技法を学びたい方に向いています。スーパービジョンもしますので、困っているケースがありましたら持参してください。清里は、山や渓谷がとてもきれいなところですので、そこにいるだけで大きな自然に癒されます。なかなか自然に触れる機会のない方にとっては、とてもよいところだと思います。清泉寮の食事もとてもおいしいです。このワークショップは、患者さんには向きません。実際に力のあるセラピストを育てたいという私の願いから生まれたものですので、ぜひたくさんの方に参加していただきたいと思います。IFF主催です。

10月3日(月)18:30~20:30は、文京学院大学の生涯学習センターで、恒例の人間関係を良くするカウンセリングの講座をいたします。毎回少しづつ違った内容のお話をしますので、何回出ていただいてもかまいません。どなたでも参加できます。

アメリカに帰ってくるのは、10月5日です。

以下にIFFのイベントをまとめておきます。
9/14,15:トラウマを受けた女性のための心のケア
9/17,18:2-DAYワークショップin麻布
9/30~10/2:実践に役立つカウンセリング技法、レクチャー&スーパービジョン

主催者にご迷惑のかからないように、それぞれのワークショップのご連絡先は、間違いのないようよろしくお願いいたします。それでは、9月に皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio