西尾和美メッセージ(2003年8月)

日本の皆様お元気ですか?

北カリフォルニアは、今年は割と涼しいすごしやすい夏でした。8月のはじめにカナダのモントレオールとアメリカ東部のバーモント州に行ってきました。モントレオールはとてもチャーミングな町でした。バーモントは緑と川と湖がとてもきれいでした。アメリカは広くて、まだ行ったことのないところがたくさんあります。

6月に日本から帰ってきたと思ったら、もう9月が近づき又訪日の時期になりました。日本で5月に行った霧島でのワークのことを思い出しています。霧島のみやまつつじが咲く中でとても幻想的なワークだったと思います。又いろいろな所でワークができることを楽しみにしています。

今回は、9月3日から10月8日まで滞在します。

9月6日はAIU/CSPP-臨床心理学修士日本プログラムのオリエンテーションがあります。第二期生の院生もすばらしい人たちが集まりました。院生の4分の1は医師です。将来の日本の臨床心理分野で大きく活躍してくれることを願っています。

9月7日は、「AIU/CSPP主催の特別講演会」があり、アメリカからNatalie Porter博士とNancy Piotrowski博士を招いてサイコセラピストの役割についての話があります。私は司会をします。
午後は、岸田秀先生と斉藤学先生との対話があり面白いものになるのではと期待をしています。AIU/CSPPーカリフォニア臨床心理学大学院修士課程日本プログラムに入学を希望する方、そしてAIU/CSPPと関係ない方もたくさんいらっしていただきたいと思います。

9月17日と18日の夜はいつものように「女性のためのトラウマ講座」をIFF 麻布教育センターで行います。女性だけの安全な場を作りたいと思います。子供のときのアビューズ、おとなになってからのDVやその他のトラウマからの回復の話と癒しのワークをします。

9月20日と21日は、AIU/CSPPの「臨床心理面接特論」の授業をします。

9月22日と23日は札幌の「むぎの子学園」で園児のママやパパそして職員のためのワークをします。年を重ねるごとに参加者が成長していくのを見守るのは、私にとって最高の感激です。子供の虐待やDVが目に見えて減っていくのがわかります。施設全体が一体となってメンバーの癒しに取り組めば、これほど大きな効果がありますので、こういう学校やエージェンシーがこれからどんどん増えていくことを願っています。「むぎの子学園」の北川園長をはじめとするスタッフの先見の明に敬服いたします。

9月27,28日はIFF主催の「麻布ツーデーのワーク」があります。清里での泊り込みのリプロセスリトリートがなくなったので、この東京でのツーデーワークがリプロセスをする機会となります。個人個人全員のリプロセスはできませんが、泊り込みではないので時間的に無理な人も参加できると思います。ぜひ自分の癒しに取り組んでみてください。

10月3,4,5日は清里で、「実践に役立つカウンセリング技法講義とスーパービジョン」を行います。AIU/CSPP臨床心理学修士日本プログラムに入学しなくても最新のサイコセラピーの技術が学べます。専門家はもちろんですが、ボランティアやカウンセリングに興味がある人はどなたでも参加できます。現在クライアントを治療している方は、スーパービジョンもありますので相談したいケースを持ってきてください。清里は、何回行っても飽きることがなく、ただそこにいるだけで癒される場所です。ぜひ清里でお会いしましょう。

10月6日に文京学院大学の生涯学習センターで6:30pmから8:30pmまで講義をします。タイトルは「自分と自分の人間関係を癒すカウンセリング」です。
自分が育った家族、その他の人間関係から受けた心の傷の影響で、自分にダメージをあたえるような自己感、世界観、信念を持つようになることが多くあります。そしてそのネガティブな自己感が機能不全な人間関係を作り出します。今回のこの講座では、自分の人間関係の中で思考、行動、感情がどのような機能不全なサイクルになっているかを調べそれを直すにはどのようにしたらよいかを学びます。どなたでも参加できますのでセンターのほうまで連絡してください(tel.03-5684-4816)。

それでは皆さんお体に気をつけて残り少ない夏をお過ごしください。9月と10月に日本でお会いしましょう。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio