西尾和美メッセージ(2003年2月)

もう春の気配がするカリフォルニアです。水仙、こぶしの花、ぼけなどが咲いています。

2003年になりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。2002年の秋に開講となったアライアント国際大学(AIU)/カリフォルニア臨床心理学大学院(CSPP)ー日本語プログラムで「臨床心理学特論」の授業を受け持ちました。第一期生の院生にお会いすることが出来て、とてもうれしく思いました。非常に高いクオリティーと、熱心さに感動を受けました。

9月と10月に行ったワークショップや講座はいつものように充実したものとなり、皆さんの「心の傷を癒したい」「自分のことを知りたい」「人間として成長したい」という心意気が伝わってきました。特に昨年の秋に始めて行った清里での専門家向けの「ボーダーライン人格障害の治療法」の講座や、札幌のむぎの子学園での「父親のための癒しのワーク」は、始めての試みということもあって、大変やりがいのあるものだったと感じました。

日本の男性が自らの心の傷の癒し、心の成長のためにサイコセラピーを受けるのは、まだ限られていますが、これから少しずつその有効さがわかってくると思います。アメリカも長い間主に女性が率先してサイコセラピストのところへ相談にきていましたが、最近では男性の方から門をたたく人が増えてきました。

AIU/CSPP日本語プログラムの大学院の第二期生の募集が1月から3月31日までの期限で始まりました。第一期生と同じように、臨床心理分野での問題意識を持った方々に参加していただきたいと思っています。将来の貢献度、意欲、リーダーシップ、自主学習能力、情緒安定さなどを考慮して選考されます。昨年願書を出された方を激励するため、今年度に限り成績証明書などは再度提出しなくても良くなっています。昨年トライされた方も、初めての方も、どんどん出願して下さい。

「日経キャリアマガジン」の12月号(11月発売)と2月号(?)にAIU/CSPPの授業風景などが載っていますので参照して下さい。

今年の春も4月27日から訪日の予定です。以下が大体のスケジュールです。6月4日にアメリカに戻ります。

4/29 AIU/CSPP出願者インタビュー
5/3-5 AIU/CSPP「臨床心理特論」講座
5/7 日本整皮心道学園ワークショップ
5/9-11 清里リユニオン・ワークショップ
5/16-18 霧島ワークショップ(Saya-Saya主催:電話03-3800-0738)
5/21-22 女性のためのトラウマ講座
5/24 名古屋ワンデーワーク
5/25 三重県総合文化センター「トラウマからの回復と癒し」公開講演会
(FAX059-235-2135)
5/31-6/1 麻布ツーデーワークショップ
6/2 文京学園大学 公開講座「自分を癒すカウンセリング」
(電話03-5684-4816)

特に注目していただきたいのは、清里のリプロセス・リトリートのリユニオンです。昨年の春をもって、清里でのリプロセス・リトリートが終了しました。臨床心理学専門家を育成することに私の時間が費やされることになり、清里ワークが専門家向けの講座に変わりました。そこで、今回リユニオン(再会)を願って、今までの私のリプロセスワークに出席した方達(ワンデー、ツーデーも含めて)のためのワークショップをすることになりました。
なるべく楽しい再会のワークにしたいと思っています。清里はそこにいるだけで自然が癒してくれます。この次はいつリユニオンが出来るかわかりませんので、この機会に参加下さい。

名古屋でのワンデーワークの後に、三重県津市で三重県立こころの医療センターの主催で市民のための公開講演会をいたします。その時には「日本整膚心道学院」の心の病気を持った院生によるバンド演奏も含まれています。かなり重症な問題をかかえた人達が回復していく様子にコンサルタントとしていつもながらに感動を受けます。

文京学園大学での公開講座は、多忙のためお休みさせて頂いておりましたが、今回一回夜6時30分~8時30分「自分で癒すカウンセリング」の講座をいたします。男女を問わず、たくさんの方に参加していただきたいと思います。

九州の霧島でSaya-Saya主催のワークショップをします、霧島は一度も行ったことがありませんが、ちょうど5月の霧島つつじが咲くころではないかと思って楽しみにしています。露天風呂などの温泉も楽しめそうです。リプロセスの他に自然とのふれあいができるワークができればと願っています。


さて、皆さんに是非読んで頂きたいメールが私の所に届きました。心の障害を持った人達がどれほど私たちの知らないところで苦しんでいるか、それに対してのお役所の理解のなさ、そして「今日一日のアファメーション」を通して、障害を持っている人達が目覚めていく過程、こういう人達を世話する方達が根底にある人間性に触れたときの驚き、苦悩が私の心にひしひしと伝わってきました。

カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム

Posted by nishio