西尾和美メッセージ(2002年8月)

皆さんお元気ですか。
あっというまにもう夏も終わりです。6月に日本からカリフォルニアにもどってきたばかりのような気がしますが、もう秋の訪日の時期が近づいてきました。

6月に帰ってきてから2ヶ月間、山登りの訓練を毎朝しました。そして8月10日にコロラド州に行き、8月17日にPikes Peakという4300m級の山登りのレースに参加しました(約22Km)。
高山病に悩まされましたが、何とか6時間29分で登りつめることができました。2000人程の人が参加しましたが、200人位は途中で引き返しを要求されたり、時間以内に登山することが出来ませんでした。山登りレースなどしたことのない私でしたので、とても自分にびっくりしています。
皆さんの夏休みはいかがだったでしょうか?


アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理学大学院-日本語プログラム(AIU/CSPP日本語プログラム)がいよいよ9月から始まります。87人の志願者のうち40人が入学許可されました。
志願者のクオリティーは非常に高く、精神科医、小児科医、大学教授、臨床心理士、ソーシャルワーカー、学校長など、そうそうたるメンバーになりました。あまりにも秀でた人達が志願したので、今回はムリだったかもしれませんが、是非これにこりず、来年も願書を提出して下さい。

来年どういう方達が志願されるかわかりませんので、何とも言えませんが、何度か志願すれば可能性は増すと思います。臨床心理関係の経験が重視されますので、なるべくその様な経験を積んでおくのもよいでしょう。又、AIU/CSPPへの貢献、将来臨床心理分野でどのように貢献するつもりであるかも考えておくのもよいと思います。

小論文の書き方も参考文献を引用するなど、大学院で学習できる程度の文章が書けるように練習するのも入学の可能性を高めるでしょう。推薦状を書いてもらう場合は家族ではなく、上司、同僚、先生など自分の能力、働きぶり、人格、臨床心理の適性を良く知っている人に頼んでもらってください。自分のセラピストは除けた方がいいでしょう。
パーソナルエッセイは、存分に自分をPRして長所を述べて下さい。将来リーダーとしてやっていける力を持っているということを具体的な例で裏づけて下さい。少しのことでくじけてしまわない、やる気のある人を求めています。


さて、今回の私の訪日ですが、9月11日に成田に到着、10月16日にアメリカに戻ってくるつもりです。

・9月14日~16日はAIU/CSPP日本語プログラムのオリエンテーションがあります。
・9月15日はAIU学長のDr. Albinoと、準副学長のDr. Porterの講演、斎藤先生、内田春菊さん、私の家族内の暴力についてのシンポジウムがあります。AIU/CSPP日本語プログラムと関係なく、たくさんの方に来て欲しいと思います。
・9月18日、19日は『女性のためのトラウマ講座』を夜行います。麻布のIFF教育センターでいつものように6時30分~8時30分です。
・9月20日~23日はAIU/CSPP日本語プログラムの『臨床心理学特論』のクラスを教えます
・9月26日は北海道中標津町での講演
・9月27日~29日はホテルフォレスターでSaya-Saya主催のリトリート・ワークショップを行います(電話&FAX 03-3800-0738)
・9月30日~10月2日は札幌のむぎの子でワークショップをしますが、これは一般には公開されません。
・10月5日、6日は麻布のIFF教育センターで『2デイワークショップ』をします。清里リトリートはなくなったので、こちらに参加下さい。
・10月12~14日は、清里で、カウンセリング技法、スーパービジョンをします。参加者は臨床心理関係者、ボランティア、CE講座をとったことのある人、カウンセリング技法に興味のある人などです。

しばらくの間、文京学園大学での講座(人間関係をよくするコミュニケーション)はお休みさせていただきます。アライアント国際大学大学院の方で時間を必要としますので、ご理解下さい。

いつものように、何人かの個人カウンセリングを受付けますので、希望する人はIFFまでFAXを送っておいて下さい。電話番号を書いておいて下さい、(FAX 03-5575-0913)
それでは皆さんと日本でお会いできるのを楽しみにしています。

Posted by nishio