西尾和美メッセージ(2001年12月)

日本の皆さんお元気ですか?
私は、長い二ヶ月間のバリと日本滞在を終えて、無事アメリカに10月18日に帰ってきました。
アメリカであったテロ事件のため、私のクライアント達は精神的にかなり動揺しており、緊急事態が多発しています。その対応に追われて、帰ってきてから、山の様にたまっていたペーパーワークに取りかかる暇がありませんでした。
今やっと少しづつ片づけることが出来るようになったところです。

日本ではたくさんの方々に大変お世話になりました。ここであらためてお礼申し上げます。
バリのワークショップでは、竹のガムランの音楽やダンス、マーケットでのバリの芸術品の買い物、南国の花、だんだん畑、とても素敵なホテルなど、大変楽しく過ごしました。ワークもあまり強烈にならず、少ない人数ですることができました。車の排棄ガス以外はいい所でした。マッサージは最高でした。
清里のリプロセス・リトリートは、今回は二泊三日と短期間でしたが、内容は濃かったと満足しています。また、来年の五月の清里ワークを楽しみにしています。

今回初めてCSPPの生涯学習講座「臨床心理面接法」を受け持ちました。約65人の参加があり、とても熱心に学習をされる皆さんに感心いたしました。実践が主だったのでとても疲れましたが、皆さんもかなりぐったりしたことでしょう。皆さんが楽しくプラクティスできたので、嬉しかったです。また五月に行く時まで、しっかりスタディ・グループを作って練習しておいて下さい。

札幌のむぎのこ学園でのワークは去年と同じように大変感動しました。自閉症の子どもを持つ親達が、自分の育った家族を振り返り、親から習った不全な行動、言動を自分の子供に与えてしまわないように努力している姿は、とても素晴らしいものでした。児童虐待もぐっと減り、希望を取り戻したお母さん達が多くなったと聞きました。むぎのこ学園が「ミラクル学園」と呼ばれるようになったというのもうなづけることです。また、来年の秋に行きますので、お母さん達、努力を続けていて下さい。

今回の日本滞在で、一番楽しかったのは、屋久島ワークでした。屋久杉やすばらしい滝、川、海中温泉など、本当に癒された感じがしました。また是非行きたい所です。九州では温泉ざんまいで、久しぶりにゆっくりすることが出来ました。長い東京での生活でビルと車の中で精神的にまいっていた時だったので、非常に助かりました。

たくさんの方々の個人カウンセリングを今回することが出来ました。また来年の五月、九~十月に出来るだけの時間の都合がつきましたら個人カウンセリングを受付けますので、IFFの方までFAX(03-5575-0913)しておいて下さい。電話番号を忘れずに書いて下さい。

さて、来年の予定ですが、今のところ2002年4月27日に日本へ着き、

4/29 AIU/CSPP-日本語プログラム説明会
5/3,4,5,6 AIU/CSPP-日本語プログラム
「臨床心理面接法」CE講座」
5/8,9 女性のトラウマ講座(東京・麻布)
5/11,12 麻布2Daysワークショップ(東京・麻布)
5/14,15 文京学園大学「人間関係をよくするコミュニケーション」講座?
5/18,19 広島2Daysワークショップ?
5/24,25,26 清里リプロセス・リトリート
5/31,6/1,2,3 沖縄ワーク?(Saya-Saya主催)

などとなっていますが、まだはっきりしていない点もありますので、はっきり決まりましたらメッセージを送ります。秋は9/11~10/16の訪日を予定しています。


2002年秋開講のAIU/CSPP-日本語プログラムの件ですが、もうすぐパンフレット、募集要項ができ上がります。

AIU/CSPP-日本語プログラムの募集人数は35名です。

あまりあせらないで、もし来年がムリなら再来年トライしてみて下さい。私は大学院は全部で4つ行き、約11年かかって修了しました。学士号のない人は、今から放送大学などに入って一歩ずつ目標に向かっても決して遅くはありません。忍耐強く一緒にやっていきましょう。
では、又。

Posted by nishio