西尾和美メッセージ(2001年7月)

日本の皆さんお元気ですか。
日本の夏は暑いことでしょう。北カリフォルニア州は暑い日が一週間位続くと、次の一週間は肌寒いといった具合です。トマト、きゅうり、桃、メロンなど畑から取ってすぐ食べるという、夏ならではの生活をしています。

ところでやっとAIU/CSPP-日本プログラム(臨床心理学大学院)が WASC(Western Association of
Schools & Colleges)から正式な認定を受けました。
WASCというのはアメリカの地域ごとに学校や大学のプログラムを検討し認定する期間の一つで、主に西部を司っています。州からの認可は簡単に取れますが、WASCからの認可はかなり厳しく、準備の為の多くの時間を必要とします。斎藤先生と共に過去8年以上努力を重ねてきた実が結び胸を撫で下ろしているところです。CSPP-Allameda校の教授会、CSPP4つのキャンパス全体の理事会及び学長会、そして今回のWASCでの認可と、いろいろなステップを踏んでやっと得ることができた認可です。
一定の水準を保つため、AIU/CSPP-日本プログラムが2002年の秋に発足してからも審査をしていきます。2年~6年毎に更新をしなければなりません。WASCの認定を受けていれば、修士の資格は全米で認められ、臨床心理士やカウンセラーの各州でのライセンスの受験資格が制限なく得られます。
さらにCSPPはアメリカ心理学会(APA:American
Psychological Association)からも認定されており、最高の基準を持つ大学院と定評があります。
来年の開講に向けてこれからもまだたくさんの仕事が残っています。詳細が分り次第皆さんにお知らせいたします。

なお、AIU/CSPP-日本プログラムは、修士号を得るのに48単位が必要となっております。アメリカの大学院はかなりの量の学習を要求しますので、自分から率先して行動できる忍耐力が必要です。WASCからの要求で、ある程度の英語力があることも必要です。

2002年秋のAIU/CSPP-日本プログラム開講に先だち、この9月からの生涯教育講座(CE:Continuing
Education)が開催されます。私の「カウンセリング技法」と斎藤学先生の「精神病理学」です。
AIU/CSPP-日本プログラムに入学を希望する人は、この2つのコースを受講してみると、将来入学したいかどうか決めるのに参考になると思います。もし、このコースにパスすれば、大学院に入った時、もう一度授業を受ける必要はありませんし、その部分の授業料は支払う必要はありません。
7月1日にCSPPは,United States International Universityを吸収してAlliant
Internatioal University(AIU)となり、CSPP自体はその中の1つの専門大学院として位置づけされることになりました。AIU/CSPP-日本プログラムはサンフランシスコベイのキャンパスを本拠地とします。AIUはこのほかに、フレスノ、ロサンジェルス、サンディエゴ、ケニア、メキシコなどにキャンパスがある総合大学となりました。


ところで、8月27日よりバリ島でのワークショップが開催されます。皆さんと一緒にワークが出来ることを楽しみにしております。その後、日本には10月18日まで滞在する予定です。はっきりとした予定が決まり次第、メッセージを送ります。

Posted by nishio