西尾和美メッセージ(2001年5月)

日本のみなさんお元気ですか。

今年の5月の訪日は取りやめ、秋に2ヶ月間訪日することになりました。この春は、そのかわりにハワイのカウアイ島に1週間程バケーションに行ってきました。

思ったより人と車がいっぱいであまりくつろぐことが出来ませんでした。8月のバリ島はもう少しゆったりとした所であることを願っています。バリ島でのワークショップにはもう申込みをしましたか。あまりつめ込みをしないリラックスできるようなワークショップにしたいと思っています。皆さんと一緒にすごせるバリを楽しみにしています。


■9月からアライアント大学(AU)のCSPP(California
School of Professional Psychology) の生涯教育講座(CE)が始まります。

■CSPPは全米で実際にカウンセリング、サイコセラピーが出来る専門家を養成するのを目的として設立された非営利の専門大学院です。

1960年代のアメリカでは心の問題が大きく取り上げられるようになりました。しかし実力のある精神療法家が少なかったため、カリフォルニア州心理学会が、需要に応えるため創設した「博士課程を主にした大学院」がCSPPです。
臨床心理学の専門大学院として全米のリーダー的役割をはたしており、現在では30以上の単科大学院がCSPPをモデルとして発足しています。
CSPPはWASCの大学院認定機関から認可を受けており、基準のレベルが高いアメリカ心理学会からも認定されている数少ない大学院臨床心理学科です。(北カリフォルニア州では4校ほどです。)
2000年には再編成され、アライアント大学の中の専門大学院となりました。まだ、これからも変化、成長を続けていくでしょう。

■来年2002年には、主に日本に居ながらアメリカの大学院修士号が取れるAU/CSPP-日本語プログラム(大学院)の開講を目指して現在努力を重ねています。このような最高水準を行くCSPPの研修教育講座が今回日本でも日本語で開かれることになったのをとても光栄に
思っています。

■9月23日から始まる私の生涯教育講座(CE)は「カウンセリング技法」で、もう一つの講座は斎藤学先生による「精神病理学」です。AU/CSPP-日本語プログラムが実現
した場合、入学を希望する人、もうすでに臨床心理の現場で働いている人、臨床心理学に興味のある人、転職を考えている人などに向いています。

私の講座は、ベーシックなカウンセリング技術の入門レベルで実践を主にしてプラクティスをします。このコースは、私がアメリカの大学院で教えたものと同じ内容で、同じ教科書の日本語版を使用します。今までにあまり臨床心理の経験のない方でも十分ついて行ける講座です。

斎藤先生の「精神病理学」は、診断マニュアルDSM-4(日本語版)を使用して、実際に精神障害の診断の仕方の基本を学びます。これは、世界各国共通の診断基準で精神療法家になるための必須講座です。各講座は3単位で約45時間の授業となります。たくさんの皆様と一緒に学習出来るのを心待ちにしております。

Posted by nishio