2017年07月19日

カーリングペアレント(5)

 そもそも子どもに何かを教え込もうとか、しつけようとか、指導しようということ自体がナンセンスなのです。

「develop(発達する)」の語源は、de(取り除く)+velop(包む:ラテン語のvolvoから派生)。つまり、人間として生きるためのあらゆる能力を秘めてこの世に生まれてくる子どもが、その内に秘めた能力を表出させることを「発達する」と言います。

 それは「education(教育)」の意味ともリンクします。educationはラテン語のeducare(大きくする)とeducere(引き出す)の二つから成っています。ここからも分かるように教育というのは、子どもが生まれながらに持っている能力の発現を待ちながら、その能力が活かせるよう引き出してあげること。それが教育の本来あるべき姿です。

続きを読む "カーリングペアレント(5)"

投稿者 iff : 16:20

2017年07月07日

カーリングペアレント(4)

 近年の愛着(アタッチメント)理論を中心とする研究結果や子どもの権利条約の内容を含めてよく考えれば、「カーリングペアレントがなぜダメなのか」も、ちょっと意味合いが変わってくるように思えます。

 世の中一般で言われているように、「子どもは厳しく育てるべき」で「苦労は買ってでもさせた方が良く」て、「子どもの意見など聴いていたら親の言うことを聞かなくなる」から、カーリングペアレントが問題なわけではないでしょう。

 そうではなく「先回りして障害物を取り除こうとする」ことで、「子どもの欲求をつぶしてしまって」、結果的に「子どもへの応答性を忘れて親の思い通りに子育てしようとする」から、問題なのです。

続きを読む "カーリングペアレント(4)"

投稿者 iff : 16:22

2017年06月26日

カーリングペアレント(3)

 そしてこの12条は、心理学的に考えれば「子ども自らが安定した愛着関係を築くことを可能にする」という点で、画期的な権利です。

 子どもは、自分の欲求に応えながら世話をしてくれる親との間に、愛着関係を築いていきます。この関係性は子どもに安心感をもたらし、自己肯定感と呼ばれるものと同時に、「困ったときには世の中は自分を助けてくれる」という基本的信頼感も育てていきます。

 こうした安全感をもたらしてくれる関係性は、安全基地として子どもの心のなかに取り込まれていき、やがては目の前に親がいなくても、不安やおそれを感じずにやっていけるようになります。多少のトラブルがあっても、心のなかにある安全基地でエネルギーを充填し、困難に立ち向かって行くことができるようになっていきます。

 子どもの欲求を受け止め、応えるという関係性は、子どもの権利条約が前文でうたい「調和の取れた人格の形成」に不可欠なものなのです。

続きを読む "カーリングペアレント(3)"

投稿者 iff : 11:37

2017年06月19日

カーリングペアレント(2)

 でも、それはおかしな話ですよね。そもそもなぜ子どもの権利条約という、「子どものための権利」、「子どもの成長・発達を支えるための国際的な約束事」ができたのかと言えば、まだおとなのようには自分を守ることができない、いろいろな意味で力(能力)が未熟な子どもという存在に対して、特別な力を与える必要があると考えたからです。

 しかも子どもは、幼ければ幼ないほど非力ですから、より権利(特別な力)が必要になります。つまり、条約が言う未成年(18歳未満)のなかで、最も権利を必要とするのは生まれたての赤ん坊のはずです。それなのに、乳幼児が蚊帳の外に置かれてしまうような解釈ではまったく意味をなしません。

続きを読む "カーリングペアレント(2)"

投稿者 iff : 12:25

2017年06月02日

カーリングペアレント(1)

 遅ればせながら、「カーリングペアレント」という言葉を知りました。つい最近読んだ精神科医の片田珠実さんの著書『一億総ガキ社会 「成熟拒否」という病』(光文社新書)に出てきたのです。

 かんたんに言うと「子どもの障害物をすべて取り除く親」のことを指すそうで、その語源? は、ストーンを目標のところへと滑らせるため、氷の表面をブラシで掃くカーリング競技だそうです。
 ネットで調べると2005年頃から教育評論家などの間で使われはじめ、もともとはスウェーデンが発祥とのこと。

続きを読む "カーリングペアレント(1)"

投稿者 iff : 21:19

2017年05月22日

東日本大震災から6年(8)

 いえ、もしかしたらそもそも「幸せ」の定義が変わってしまったのかもしれません。前...続きを読む "東日本大震災から6年(8)"

投稿者 iff : 09:44

2017年05月06日

東日本大震災から6年(7)

「もしかしたら、そんなふうに考えるのは本当に私だけなのかもしれない」  ・・・そ...続きを読む "東日本大震災から6年(7)"

投稿者 iff : 11:33

2017年04月24日

東日本大震災から6年(6)

 大川小問題では、震災が起きた直後、大川小を管轄している宮城県石巻市が(1)遺族...続きを読む "東日本大震災から6年(6)"

投稿者 iff : 12:48

2017年04月14日

東日本大震災から6年(4)

 しかし残念なことに、今の日本の状況を見る限り「人々の言葉を真摯に受け止め」て「...続きを読む "東日本大震災から6年(4)"

投稿者 iff : 12:45

2017年04月03日

東日本大震災から6年(3)

 たとえばご遺族のなかには、この6年の間に「語ることに疲れた」と、すっかり口を閉...続きを読む "東日本大震災から6年(3)"

投稿者 iff : 09:41

2017年03月22日

東日本大震災から6年(2)

 東京でのオリンピック開催が決定したとき、世の大半は東日本大震災と原発事故の払拭...続きを読む "東日本大震災から6年(2)"

投稿者 iff : 16:37

2017年03月15日

東日本大震災から6年(1)

 未曾有の犠牲者を出した東日本大震災から6年がたちました。    2011年3月...続きを読む "東日本大震災から6年(1)"

投稿者 iff : 12:18

2017年03月10日

日本礼賛と金メッキ(7)

 傘をさしたり軒下を借りたりして雨風をよけながら。過酷な環境下ではメッキははがれ...続きを読む "日本礼賛と金メッキ(7)"

投稿者 iff : 10:36

2017年03月03日

日本礼賛と金メッキ(6)

 私は常々、「私をはじめ、人間はみな完璧な“純金製”になれない金メッキ」と思って...続きを読む "日本礼賛と金メッキ(6)"

投稿者 iff : 17:10

2017年02月20日

日本礼賛と金メッキ(5)

 さてさて「日本礼賛」についてです。  自分が生まれ育った国、属する国に愛着を持...続きを読む "日本礼賛と金メッキ(5)"

投稿者 iff : 12:20