続く…

労働を搾取され、命を搾取され、叫びとも言える声を搾取された子どもたちは、いつでも虚しさや寂しさを抱えて生きています。

それを端的に表すのが、「中高生の約52万人がネット依存」と結論づけた厚生労働省の調査結果です。

中高生52万人がネット依存

厚生労働省研究班は、2012年10月~2013年3月に全国の中学校140校と高校124校の約14万人を対象に、「問題や絶望、不安から逃げるためにネットを使うか」「ネットで人間関係を台無しにしたことがあるか」などの8問が載った調査票を送付し、約10万人から回答を得ました。
ちなみに8問中5問以上が当てはまると「ネット依存の疑いが強い」とされます。

そして回答をもとに、全国の中高生数で推計すると、「ネット依存の疑いが強い」のは、約52万人となったのです。

最も使用時間が長いのは高校生で「休日で5時間以上」は女子22%、男子21%。依存が無い子どもにくらべて「睡眠の室が悪い」が59%と2倍近く、「午前中に調子が悪い」は24%で3倍近いのですが、当事者は問題を感じていない場合が多いそうです(『朝日新聞』2013年8月2日)。

むしろ少ないくらい

それも無理はないでしょう。

現代社会で疲弊し、孤独な競争に駆り立てられ、関係性を奪われているおとな自身が、ワーカホリック、投資、ギャンブル、お酒、薬等々・・・さまざまなものへ依存を深めることで、どうにかバランスを保ち、命をつないでいます。

依存症が「空虚感に端を発し、親から子へと伝搬する病」であることを考えると、52万という数字は少ないくらいかもしれません。

日々、自分自身を支えるだけでせいいっぱいのおとなには、子どもの欲求を受け止める余裕はありません。国策に掲げられた目標に向けての競争教育も激化し、子ども同士の関係性も壊されました。(続く…

このシリーズの最初の記事へ

子どもたちは、いつでも周囲から浮かぬよう、けっして嫌われぬよう、その場、その場で“求められるキャラ”を演じることで、かろうじて友達関係を維持しています。本音も、本当の自分も出せないから、いつでも孤独で寂しいのです。

そんな子どもにとってネットは、つかのまの出会いや人とのつながり、暇つぶしの機会を与えてくる魔法のツール。それが今や片手に収まるサイズになったのですから、手放せなくなるのは当然です。

空っぽの中身を埋めるために

子どもたちの多くが、自分の「本当の気持ち」にはふたをし、見せかけの明るさや、派手やかな服装ではしゃいでいます。
空っぽの中身を埋め合わせるため、自分を飾らないわけにはいかないのです。

いきいきとした感情を感じられないから、危険な遊びやドラッグ、お酒にも手を出しがちです。
それらは、幻想にすぎませんが、“一瞬の高揚”をもたらしてくれるからです。

人生のすべてを搾取

今、子どもたちは、人間関係も、自分らしい感情さえも搾取されて生きています。これでは、自我など育ちようがありませんし、アイデンティティだって確立できません。いつまでたっても、おとなになって生きていくための足下はぐらついたままです。

それでは、他人のことも考えながら、自分らしく自分の人生を主体的に生きることなどできようはずがありません。
ただだれかに従って生きるだけの従属的な人間になったり、怖くて社会に出ることができない、いわゆる引きこもりだとかニートと呼ばれる若者が増えるのも当然です。

こうして私たちの社会は、子どもの人生のすべてを搾取しているのです。

禅の言葉に「啐啄同時」(そったくどうじ)というものがあるそうです。

卵の中のひな鳥が殻を破って外へ出ようとするとき、殻を内側からコツコツとつつくことを「啐」といい、それに呼応して親鳥が外から殻をコツコツとつつくことを「啄」といいます。

実はこの「啄」のタイミングは非常に微妙で、早くても、遅くても、ひなどりの命を危うくします。
だから、ひな鳥の「外に出たい」という願いが、ちゃんと親鳥に通じ、ひとつの生命が誕生する「機を得て両者相応じる得難い好機」のことを「啐啄同時」と呼ぶのだとか。

私がこの「啐啄」という言葉を知ったのは、愛媛県にある地酒屋さんがつくった「啐啄」という日本酒をいただいたことがきっかけでした。

どんな意味が想像も付かないネーミングだったので調べてみたところ、冒頭に書いたひな鳥と親鳥の話と分かったのです。

「啐啄」の実現は難しい

なぜ、年の瀬も押し迫った時期に、わざわざこんな話を書いたのかと言うと、この「啐啄」という言葉ほど、見事に子どもの成長・発達をうながすおとなの関わりを端的に現している言葉はないと思うからです。

そして、今年一年を振り返ったときに、今の日本社会では、やろうと思ってもなかなかできない、ほんとうに難しい子どもとの関わり方であるとも思ったからです。

「啐啄」を実現するためには、親(おとな)の側が辛抱強くなければなりません。「いまか」「いまか」と待ち続ける忍耐力だけでなく、わずかな音にも耳を澄ませ、かすかな振動にも応えられるよう、常に子どもに注意を向けていなければなりません。
あくまでも、中心は子どもです。親の都合で、親のタイミングや希望に合わせてのかかわりは御法度です。

「啐啄」に通じる考え

考えてみれば、「啐啄」に通じる考えは、ほかにもいろいろあります。

たとえば夏目漱石は『夢十夜』「第六夜」で鎌倉時代の有名な仏師・運慶を登場させ、次のように語らせています。

「眉や鼻をノミでつくるんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋うまっているのを、ノミと槌の力で掘り出すまでだ」

つまり、「仏師の意図するように仏像をつくりあげていくのではなく、木の中に埋まっている『外に出たい』という意を汲んで、その通り掘り出していくのだ」ということでしょう。(続く…

このシリーズの最初の記事へ

こうした「声なきもの」、「うまく言葉を発することができないもの」の声に耳を澄ませ、相手の思いを形にすることで、見事なものをつくりあげるという思想や行いは、たくさんあります。

自然を征服するのではなく、自然と共に歩み、自然の知恵を活かし、自然をうまく利用することで、豊かさを享受してきた日本には数多く残されています。

穴太衆の教え

これは最近、『歴史秘話ヒストリア』(NHK)という番組で放送していたことの受け売りなのですが、「頑丈な石垣をつくる極意」というのは、「石をけっして削ることなく、自然のままの形でくみ上げること」なんだそうです。

番組では、そうした自然の石を積み上げて行く技術を持つ穴太衆(あのうしゅう)という技術集団に伝わる「穴太衆の教え」を、こう紹介していました。

「石の声を聞き、石の行きたい所へ持って行け」

石の声を聞き分ける職人が積み上げた石垣は実験の結果、コンクリートブロックよりもはるかに強い強度を持ち、新名神高速道路(滋賀県)の一部にも採用されているとか。

規格化された石の脆弱さ

その後、江戸時代になると、石を切ったり、削ったり技術が進み、四角く加工した石を積む技術が発達すると、規格化された石が使われるようになったそうです。

ところが、規格化された石は、扱いやすく簡単に高く積み上げることができる代わりに、時間がたつと「孕みだし」という、石が外側にふくらむ現象が起きてしまうため、定期的な修復作業が必要になるとのこと。

その原因の一つと言われているのは、隙間無く石が積まれてしまっているため、内部に雨水がたまってしまうことだそうです。
一方、自然の石を積み上げた、隙間だらけの安土城の石垣は、430年たった今も孕みだしは起きていません。(続く…

このシリーズの最初の記事へ

なんだか、人間と同じではありませんか?

おとなや社会の都合に合わせて、“よい子”をつくる子育ては、一見、手っ取り早く、合理的で、理想の子どもができあがりそうな感じがします。

私たちおとなは、「いまの社会の規格に合わない部分は削り落とし、そぎ落としてしまえば、ちゃんと社会に適応したおとなになれるはず」・・・そんなふうに思いがちです。

でも、目の前に広がる子どもたちの現実を見ていると、どうも、そううまくはいかなさそうです。

今年も、いじめやスクールカースト、ネット依存などさまざまな子どもたちの問題をこのブログでは、書いてきました。

つい最近も、隙間やあそびの部分が無く、規格に合わせることだけをさせられた結果、社会に出て行こうことができないニートと呼ばれる若者が23年には60万人に達したという厚生労働省の発表もありました(若者雇用関連データ)。

なかなかできない時代だからこそ

特定秘密保護法も可決され、日本はどんどん窮屈な、あそびのない、子育てに向かない社会になっていきそうです。

そんな中で、せめて、身近にいる子どもとの関係は、まずは子どもができる方法で発する声を聞き、それに応える「啐啄」のようでありたいと思います。

心に誓っていなければ、なかなかできそうにない時代だからこそ、あえて1年の締めくくりに、その言葉をもう一度、思い出しておきたいと思いました。

みなさん、どうぞよい新年をお迎えください。

どうか来年は、お互いに自由に思いを出し合い、それを受け止められるような関係が、もっと楽にできる世の中になればと願っています。

カウンセリングルーム カウンセリングルーム カウンセリングルーム