« いじめ自殺2 | メイン | 道徳や説教で子どもが救えるか?(1/4) »

2006年11月16日

いじめ自殺3

 こうした“励まし”のアピールを読んで、みなさんはどう思いますか。

 アピールに書かれているようなことができるならば、自殺する子どもなどいるでしょうか。もし「自分を受け止めてくれる」と信じられる人がいれば、子どもは自然に悩みを打ち明けるはずです。「自分は支えられている」と思えるならば、支えてくれている人に、当然、相談するでしょう。

===
 「助けを求めれば救ってくれる人がいる」と信じられるならば、自ら命を絶つ必要などないのです。

 子どもが自殺していくのは、自分のすべてを受け止め、支え、助けてくれるおとなが周りにいないからです。絶望した子どもは、孤独の中で自殺するしかない状況に追い込まれているのです。

 そんな子どもを取り巻く現実と、そうした現実をつくり出している社会の問題について、アピールの真意に迫りつつ、次回から書いていきたいと思います。

« いじめ自殺2 | メイン | 道徳や説教で子どもが救えるか?(1/4) »

投稿者 iff : 2006年11月16日 15:30

2006年11月16日 15:30:[←ブログメインに戻る]←IFFトップページへ][↑ページ上端へ