相談対象

ご本人でもご家族でも

当相談室では、困っていたり症状を持っているご本人はもちろん、その人を取り巻く家族や周囲の人達に対してもカウンセリングを行い、心の問題や状況の改善に総合的に取り組んでおります。

家族“症状を持った本人”がカウンセリングを受けようとしない時、家族はどう対処していくのか?
「本人がカウンセリングを受けなければ変わらないのではないか」
と思う場合でも、その周囲の人の対処の仕方によっては症状は改善もしますし、増悪もします。

当相談室では、ご本人に対してはもちろん、そのことに悩むご家族や周囲の方々ともご一緒に今後の方針や対処について考え、お気持ちが楽になる方向性を探っていきます。

家族関係の問題

家族がほっとできる心地よい安心の場所になっていますか?。
家庭の中で起こるいろいろな問題、悩みの解決をすすめていきます。

  • 虐待被虐待;身体心理性的虐待、ネグレクト
  • 家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス:DV);夫婦間親子間暴力
  • ひきこもり
  • 育児ノイローゼ、子どもの愛し方接し方がわからない
  • 家族内トラウマ
  • 母との関係
  • アダルトチルドレン
  • 家族の世話や介護による疲れ抑うつ葛藤
  • 家族夫婦間コミュニケーションの問題

ASD(急性ストレス障害)/PTSD(心的外傷ストレス障害)

過去を振り返り、どうしようもなく制御できないような不快な感情に捕らわれることはありませんか。
災害、事故、犯罪暴力虐待ストーカー被害等による心の傷のケア、立ち直りのための支援、失ってきた力を取り戻す作業の援助をいたします。

  • 危機介入;危険な状況を回避するための援助情報提供
  • 急性期時;パニック状態絶望感等からの回復心の傷のケア
  • 二次的トラウマ;二次的被害等による傷つき無力感(ex.災害援助や福祉に携わっっている方の心痛)
  • 慢性的日常的になっている心の傷(トラウマ化したものも含む)
  • 宗教トラウマ(ある種の自己啓発セミナーなどを含む宗教性を帯びた団体とのかかわりによるダメージなど)
    ※調停裁判等で係争時の心理的サポートには必要に応じて弁護士等専門家専門機関との連携も行います。

嗜癖、依存症

ストレス解消や気晴らしのための習慣が、いつの間にか自分自身の体を壊してしまったり、職業を失ったり、対人関係を困難なものにしてしまうことがあります。
適度にそれらを楽しめていますか。それともその習慣によって楽しい感情を持つことが難しくなってしまっていますか。

  • 摂食障害(過食拒食食事に対するこだわり)
  • アルコール薬物等の物質依存
  • ギャンブルパチンコ等賭事
  • ゲームコンピューターテクノ依存
  • 買い物依存借金癖
  • 仕事依存働き過ぎによる過労
  • セックス恋愛依存
  • 共依存嗜癖の問題のある家族パートナーの世話をすることが多い
  • ひきこもり

職場や学校での悩み

職場や学校での人間関係やトラブルなどがストレスになって心や体に支障をきたすことがあります。
仕事や学校は、生活のうえでどのようなものと位置付けてられていますか。そして、それらは喜びを直接または間接的に与えてくれていますか。

  • 職場仕事上のストレス不適応
  • 上司部下との関わり方
  • 仕事が続けられない
  • 失業等による喪失感無力感
  • 燃え尽き症候群
  • 不登校いじめ、友達ができない
  • 出社拒否帰宅拒否

人間関係コミュニケーションでの悩み

人間関係コミュニケーションが希薄になってきていると言われています。
人と距離をとることにより自由で楽になったつもりが、さびしさやコミュニケーションスキルの低下を招いてしまいます。
「日常生活はうまくやっている、しかし何だかわからないが辛い」ということはありませんか。

  • 人と一緒にいると緊張する(対人緊張対人恐怖)
  • 離婚/失恋の傷が癒えない
  • 普段の生活でのストレス
  • 同性異性との接し方がわからない
  • 親密な人間関係が作れない
  • 世間話がうまくできない
  • 自己主張できない
  • 落ち着いて人の話を聴けない
  • 人とうまくつきあってゆけない
  • 大勢の中でくつろげない
  • いつもニコニコしている自分に疲れる
  • 人から嫌われるのではないかと不安

ストレスマネジメント

適度なストレスは大切です。しかし、現在は過剰なストレスに日々さらされていると言っても過言ではありません。
日常生活でのストレスとうまくつき合っていけていますか。うまくストレスを解消できていますか。

  • 何となくイライラする
  • 仕事家庭のことでストレスが多い
  • ストレスによる病気(胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)にかかっている
  • タバコがやめられない
  • 自分の人生に疲れた
  • 疲れが取れない
  • 肩の凝りや頭痛などが解消できない
  • やりたいことがいつまでも出来ない

情緒的問題、その他

不快な情緒的な揺れが続き、対応が上手く出来ない場合には、自律感が減退し、更に情緒的な揺れへと入っていく悪循環に陥りやすくなります。
不安や恐怖、抑うつなどにとらわれがちな生活になっていませんか。そのような感情や症状が出てくることに怯えていませんか。

  • 不安(身体的心理的)が襲ってくる(不安発作パニック発作)
  • 恐怖症
  • 心身症
  • 抑うつ無気力感焦り気持ちがふさぐ
  • 怒りのコントロールができない
  • 自分が好きになれない
  • 自信がもてない失敗への恐れ不安
  • あがり症赤面症
  • 書痙
  • 心配事でよく眠れない
  • 生きている意味がわからなくなる
HOME スーパーバイザー次の記事
前の記事IFFのカウンセリングの特徴

お問い合わせ

電話0120-87-7225(通話料無料)
(03-3583-7851(携帯電話、海外からの方))
(注:この番号は通話料無料ではありません)
スカイプciapiff
メール新規ご相談申込
メール2回目以降のご相談予約申込
メールその他のお問合せ

※受付営業時間:10時〜17時
※相談営業時間:10時〜18時
(18時以降のご希望も承っています)
※休業日:水曜、祝日、年末年始

Posted by counsel