カウンセリングの進め方(3/5)

3)生育歴(生活史)の大切さ

女性イメージ当相談室では、ご相談の初期に皆様の生育歴(生活史)をうかがっています。

生育歴(生活史)とは、皆様の誕生から現在に至るまでの心理的、身体的、社会的成長の過程のことで、出生時のご様子から心身の発達、家庭環境、学歴、職歴、結婚の有無、夫婦生活など、皆様のこれまでのライフイベントに関する事柄を詳細にうかがっていきます。

これらの情報は、皆様が悩んでいる問題を多角的に捉えるために必要なものなのです。

「こころのやまい」はある日突然発症するものではありません。発症時期の出来事に加え、皆様の成長過程で身についた考え方や感じ方、態度や行動の仕方がその症状を起こす要因になっていることもありえるのです。

皆様の「こころのやまい」からの回復を援助させて頂くためにも、成長過程で様々な感じ方と同様に見につけてきた「力」を探していくこととしても情報を伺う目的となります。

HOME カウンセリングの進め方(4/5)次の記事
前の記事カウンセリングの進め方(2/5)

お問い合わせ

電話0120-87-7225(通話料無料)
(03-3583-7851(携帯電話、海外からの方))
(注:この番号は通話料無料ではありません)
スカイプciapiff
メール2回目以降のご相談予約申込
メールその他のお問合せ

※受付営業時間:10時〜17時
※相談営業時間:10時〜18時
(18時以降のご希望も承っています)
※休業日:水曜、祝日、年末年始

Posted by counsel